縷々のつぶやき

昭和11年創業!岩喜蓄音機店の3代目店主。現在は、LURU MUSICとして、CDショップ、音楽ホール、音楽制作、音楽イベントなどの企画運営を通じて、地域から世界を楽しくすることを日々楽しんでいます。旧:演歌商店のつぶやき。

上野絵理子ピアノリサイタル〜ピアノで紡ぐ音世界〜

わかやま新報 
とらふすクラシック・338

上野絵理子ピアノリサイタル〜ピアノで紡ぐ音世界〜
        ピアニスト 上野絵理子
2月18日、和歌山市狐島LURU HALLにて『上野絵理子ピアノリサイタル〜ピアノで紡ぐ音世界〜』を開催させていただきます。今回はショパンシューマンラヴェルスクリャービンと様々な国や時代で活躍した作曲家を取り上げます。

シューマンの「クライスレリアーナ」は、当時シューマンが傾倒していたロマン派の文学者ホフマンの小説に登場する「楽長クライスラー」からタイトルが引用されています。シューマンは恋人クララとの結婚をクララの父親に反対されるもその困難を乗り越えようと前へ突き進む意欲に駆られていた時期の作品です。

一方、ショパンの「舟歌」は彼の晩年の作品で、恋人ジョルジュ・サンドとの破局を迎え持病も悪化し死期が近づく中、自身の人生を静かに振り返るような作品となっています。
未来と過去の逆のベクトルへ意識が向かう二作品。作曲家が残した楽譜から、時空を超えて、一体どのような響きの世界を創り上げられるのか私自身も楽しみです。

時空というとロシアの作曲家スクリャービンが思い浮かびます。今回演奏するスクリャービンの「幻想曲」では、まるで無重力空間にいるような浮遊感とスクリャービン特有の神秘的な響きによってさらに別次元へと誘い込まれるような音楽を味わっていただけたらと思います。

そのスクリャービンと同時代を生きたフランスの作曲家ラヴェルは、現代の私たちにもどこか懐かしいと思わせてくれる懐古趣味を持った作曲家です。ラヴェルの現す懐古的なものはどこか物悲しくもあります。でもその正体が分からない、小さなガラスの中に入った遠い記憶をただ見ているような感覚に、ある種スクリャービンと違った意味での不思議な感覚を味わえる作曲家かと思います。

当日は、お聴きくださる皆さまと一緒に、このような様々な作曲家が駆け抜けた人生に思いを馳せることが出来れば幸いです。今回はバイノーラルマイク録音によるライブ配信もされるそうで、オンライン上でも皆さまとお会いできることを楽しみにしております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上野絵理子 プロフィール
和歌山市出身。京都市立芸術大学・大学院修了。パリで研鑽を積む。国内外コンクールで多数受賞。幅広い演奏活動を展開する傍ら後進の指導にも力を注ぐ。和歌山信愛女子短大、IBU各非常勤講師