縷々のつぶやき

昭和11年創業!岩喜蓄音機店の3代目店主。現在は、LURU MUSICとして、CDショップ、音楽ホール、音楽制作、音楽イベントなどの企画運営を通じて、地域から世界を楽しくすることを日々楽しんでいます。旧:演歌商店のつぶやき。

とらふすクラシック200回記念に寄せて

とらふすクラシック・200。

とらふすクラシック200回記念に寄せて
           ピアニスト 宮下直子
先日、思いがけないCDの誕生プレゼントが届いた。J.S.バッハゴルトベルク変奏曲をMIYAZAKI MIEKOさんという筝曲家がソロで入れたもの。ありえない事を17年の歳月をかけて見事に結実させたそのCDから溢れ出る箏の音から、彼女のゴルトベルクに懸ける想いの深さに驚嘆。こういうサプライズは人々を幸せにする。

ありえない事をやってのけたホールがある。それが、和歌山県民図書館にあるメディア・アート・ホール、通称Mah! このホールは元々多目的ホールだった。設計は、日本で一番評価の高いサントリーホールを設計した会社。私は響きはともかく!?会場が醸し出す暖かい雰囲気が気に入って、Mah!開館当初から頻繁に使っていた。ただ、ホールに付随する楽器を何とか弾きこなさねばならないピアニストの性で、ホールの響きを変えようなんて、夢にも思いつかなかった。それが、何と、Mah!は2度もその好機に恵まれた。 2度目は、コロナ禍を利用したかのように半年かけて、天井と背面に反射板を設け、さらにステージ床の強度を補強し、あたかも上質の音楽専用ホールの響きになった。こんな幸せなホールは全国的に見ても珍しいだろう。

その蔭には、Mah!を何とか一流のアーティスト達をも満足させる音にしたい、というホールアドバイザーたちの並々ならぬ情熱があったから。その熱波に専門家達の貴重な意見が加わり、ありえなかった高い壁を乗り越えてしまった。 秋には新しく和歌山市城ホールがオープンする。素晴らしいホールが増えて期待も膨らむが、Mah!も、それに負けないくらいの魅力を手に入れたのではないだろうか。

4/25は、生まれ変わったMah!で、とらふすクラシック200回記念コンサート。演奏者達はそれぞれ苦難の1年を経、特別な想いで珠玉の作品を奏で、歌います。芸術に携われる幸せを噛みしめながら。皆さまの心ににその幸せが生で、配信で届きますように。感謝を込めて

                                                                                                                      • -

プロフィール 宮下直子
和歌山市在住。東京藝術大学卒業。在学中安宅賞受賞。ロンドン留学を経て帰国。 各地で演奏活動を重ね、県文化奨励賞、市文化奨励賞受賞。京都市立芸術大学相愛大学講師。

新しい響き!図書館のデイタイム・コンサート

とらふすクラシック・199。

新しい響き!図書館のデイタイム・コンサート

和歌山県立図書館2Fのメディア・アート・ホール(以下Mah!)の音響改修工事がおわり、関係者にその響きが披露されました。東京からの音響設計チームによる現地音響測定も兼ねて行なわれたのですが、従来とまったく別物のような、音楽ホールらしい響きに、参加した関係者は驚きと嬉しさの声を 禁じ得ませんでした。

天井反射板と背面反射板の設置により、高音がきらびやかになり、さらにステージ床の補強により、低音が豊かに響くようになったようです。その結果、反射音と直接音がバランスよく客席に届くようになったのでしょう。そして、「演奏者に、自身の音が正しく伝わるようにしたい」と言う音響設計スタッフの誇らしげな言葉が印象的でした。

音響改修を終えたMah!は、4月からオープンとなり、4月2日(金)12時から「デイタイム・コンサート」が開催されます。毎月第1金曜日の恒例「エントランスコンサート」が、コロナ禍と改修工事の為、しばらくお休みしていましたが、「デイタイム・コンサート」と名前もあらたに再開されることになりました。

今回の演奏者は、クラリネットの南方美穂さんとピアノの中川千絵さん。南方さんは、帝塚山学院高等学校音楽コース、同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻卒業。第42回和歌山県新人演奏会にて奨励賞受賞。現在は、和歌山を中心に演奏活動を行いながら、ベル音楽サロンクラリネット講師として後進の指導を行っています。

プログラムは、フランスの作曲家・サン=サーンスクラリネットソナタOp.167とゴトコフスキーのクラリネット協奏曲から第3楽章です。サン=サーンスソナタは、モーツァルトクラリネット協奏曲と並んでクラリネットの人気曲。また、ゴトコフスキーはクラリネットでもマイナーな曲で、中々聞き応えのある作品です。

今回の「デイタイム・コンサート」で、ホールの響きとクラリネットの響きをお楽しみください。観覧無料です。

第49回和歌山県新人演奏会~出演者募集 ~

とらふすクラシック・198。
  第49回和歌山県新人演奏会~出演者募集 ~

昨年は、感染症の拡大予防の為に11月に延期して実施された和歌山県新人演奏会は、今年も11月23日(火・祝)午後1時30分より、和歌山県民文化会館大ホールで開催されます。新人演奏会は、クラシック音楽を学ぶ優れた若人達を広く県民に紹介するとともに、 和歌山県の音楽文化の振興と向上を図るために毎年行われています。

今回の出演者選考公開オーディションは、7月17日(土)午後1時より、和歌山県民文化会館大ホールで開催され、次の要領で応募を受け付けが始まっています。演奏部門は、クラシック又は邦楽演奏(生演奏に限る)で、声楽、器楽、作曲、邦楽、アンサンブル(8名編成を上限とする)に該当される方。演奏曲目は自由ですが、新人演奏会で演奏する曲となります。応募資格は、 年齢が20歳以上35歳以下(2021年4月1日現在)で、本県の出身者・在住者・勤務者・在学生・卒業生。アンサンブル部門は、出演者の半数以上が該当すること。また、過去に和歌山県人演奏会に出演された方は応募できません(アンサンブル部門は除く)。結果発表は、オーディション審査後、即日に発表され、結果発表時に、選考委員から各出演者ごとに講評が行われます。応募締切は、5月23日(日)必着。 オーディション合格者は「第49回和歌山県新人演奏会」に出演にあたって、演奏会のチケット代金として3万円が必要となります。詳しくは、和歌山県民文化会館新人演奏会係 (073-436-1331)まで。

昨年から、アンサンブル部門も新設され、出演者募集のキャッチフレーズは「次はわたしが、和歌山の音楽史に、名を刻む」です。有名アーティストたちが立ったこの舞台。今までに800名を超える新人演奏家たちが この舞台から羽ばたいていきました。「次はあなた…」です。また、公開オーデイションは、どなたでも入場(未就学児不可)でき、観覧は無料です、一度応援に駆けつけてみてはどうでしょう!

連載200回記念Mah!和歌山県立図書館 音響改修お披露目&配信&支援コンサート

とらふすクラシック・197。
  連載200回記念Mah!和歌山県立図書館
    音響改修お披露目&配信&支援コンサート

f:id:Enka:20210331155817j:plain

お陰様で、”とらふすクラシック”は、まもなく200回を迎えます。毎週木曜日のこの連載は、和歌山で演奏会をおこなうクラシック演奏家の皆様を中心に寄稿いただいたものです。200回の記念に、音響改修が完成したばかりで新しい響きを成す、Mah!和歌山県立図書館(メディア・アート・ホール)で、お披露目コンサートが開催されます。それは、昨年からのコロナ禍で演奏機会が激減する中、音楽活動を続ける演奏家の皆さんへの支援のコンサートでもあります。来場が叶わない皆様には、インターネットのライブ配信で、バイノーラル録音による会場の完全中継をご家庭へお届けします。会場も配信いずれにおいても、皆様のご厚意による支援コンサートとして、収益のすべてを出演アーティストの支援に向けさせていただきます。

プログラムは、まず村上真希子さんのピアノでJ.S.バッハ=ブゾーニ:シャコンヌで始まります、続いて大守真央さんと中川知保さんのピアノ連弾でC.ドビュッシー:小組曲、そして黒江万金堂さんのフルートとギターで A.ピアソラ:「タンゴの歴史」より、で前半は終わります。後半は、宮下直子さんのピアノで F.シューベルト:即興曲op.142-3、そして砂原悟さんのピアノで F.ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズop.22、そして宮下さんのピアノ伴奏で井岡潤子さんのソプラノによるF.シューベルト:魔王、黒人霊歌どで締めくくります。6組の多様な演奏で、新しいホールの包み込むような響きを楽しんでいただきます。

コンサートは4月17日(土)14時から、入場無料ですが、お一人様1000円以上のご支援を会場でお願いいたします。会場は先着150名、入場には電話による予約番号(お一人様4席まで)が必要となります。予約電話は、同実行員会(073-457-1011、受付:10時ー17時 、木曜定休 )、配信はQRコードからお申込みください。

音楽によるまちづくりを創造する 活動拠点施設整備・2

とらふすクラシック・196。

 音楽によるまちづくりを創造する
         活動拠点施設整備・2


和歌山県立図書館2Fのメデイア・アート・ホール(以下Mah!)は、サントリーホールの設計で知られる安井建築設計事務所によるものでしたが、多目的ホールとして作られたため、コンサートには充分とはいえませんでした。

「ステージと客席が近く、演奏者と観客が一帯となれる施設として評価はされているが、一般的なホールに比べ、反射音の数が少なく、振幅の幅も小さいため、 演奏者から自分自身の演奏音が確認しづらいとの声があり、観客からもエコーが 響いているとの声があることから改修する必要がある。」(音楽によるまちづくりを創造する活動拠点施設整備計画:和歌山県より)

今、澤音楽監督監修の下、地方創生の同整備計画により、音響改修工事が施されています。天井反射板と背面反射板(写真)を設けることより、第一反射音の響きが良くなり、演奏者にもオーディエンスにも包まれるような響きが届き、また、ステージ床補強により、床から音の振動を感じり、演奏者のパーフォーマンスが向上する効果が期待されています。

3月いっぱいで改修工事が完了し、4月から新しいMah!の響きが楽しめるようになります。音響改修を記念して三つのコンサートが企画されています。ひとつは、4月17日(土)14時から、本コラム・とらふすクラシック200回記念、Mah!和歌山県立図書館 音響改修お披露目&配信&支援コンサート。二つ目は、5月9日(日)14時から、ホール音響改修こけら落とし、Mah!ライブラリー室内楽定期演奏会 Vol.32、菊池洋子ピアノリサイタル。三つ目は、7月4日(日)14時から、ホール音響改修こけら落とし2、Mah!ライブラリー室内楽定期演奏会 Vol.33、デビュー30周年!澤クヮルテットです。

音楽によるまちづくりを創造する活動拠点として、Mah!の新しい響きの中、多くの芸術祭典が開催されて、文化に親し む機会が増えることを楽しみにしています。

音楽によるまちづくりを創造する活動拠点施設整備・1

とらふすクラシック・195。
  音楽によるまちづくりを創造する
         活動拠点施設整備・1

和歌山県立図書館2Fにある、メデイア・アート・ホール(以下Mah!)は、1993年に開館した全国的にも珍らしい図書館に併設された300席のホールです。2012年、この施設のセンター長に着任したばかりの谷口さんから、「4000枚に上るクラシックレコードのコレクションでコンサートできないか?」と相談をうけました。昔とった杵柄で、オーディオ&クラッシクマニアに声をかけると、皆さん大喜びで、アナログレコード倶楽部を作り、レコード鑑賞会を今も毎月開いています。その1回目のお披露目も、Mah!でおこなわれたのでした。

この格式高いホールなら、クラシックの演奏会がよく似合いますねと言う、矢沢栄吉ファンの谷口さんが、音楽サロン緑風舎の岡畑さんを三顧の礼で連れてきて、始まったのが、和歌山県立図書館クラシック音楽会議です。翌年の13年に第一回が始まった定期演奏会は、30回を超え、ウィーンフィルの首席ソロ楽器演奏家たちが何度もおとずれるなど世界と繋がるMah!になりました。

そういう動きの中、14年から和歌山県立図書館の音楽監督に、東京藝術大学の澤和樹先生(和歌山市出身)を迎えることができました。その後、澤先生は同学学長に就かれ、大変ご多用になる中、澤クヮルテットの演奏会や東京藝術大学と連携した人材育成及び次世代の音楽愛好家の育成などがMah!を中心に行われています。

17年、紀州徳川家ゆかりの世界的なクラシック音楽資料・南葵音楽文庫が、県立図書館に里がえりの発表には驚かされました。音楽と文学が見事に融合するのですから・・・。そして19年、澤先生をはじめ県出身の音楽家の皆さんが中心 となり、地元企業が協賛し、民間の力のみで企画・運営された「きのくに音楽祭 」が、Mah!をメインステージに4日間開催されました。昨年の第二回もコロナ禍の中、パワーアップして無事に行われ、来年以降も毎年開催さ れていくことでしょう。(続く)

声楽アンサンブルユニット TsuBaKuma 旗揚げオンラインライブ!

とらふすクラシック・194。
 声楽アンサンブルユニット TsuBaKuma
     旗揚げオンラインライブ!
            テノール歌手 坂東達也
音楽を聴くという行為は時代を経て多様な変化を遂げてきた。コンサートホールに足を運び、演奏者を前にして静かに聴かれてきた音楽は、レコードやCDの普及から気軽に自宅で聴けるものになり、現代においてはインターネット上でダウンロードし、イヤフォンなどで聴くことが主流となった。

その中でクラシック音楽は生演奏での音楽体験を大切にしてきたが、コロナウイルス感染症が猛威をふるう中でコンサートやオペラは中止になり、生で音楽を聴く事は気軽なものではなくなってしまった。そんな中、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールは昨年三月、オペラ「神々の黄昏」を無観客でライブ配信を行い、結果40万人以上がこのオペラを楽しんだ。それから一年間が経ち、今やプロの音楽団体のみならず、数多くのクラシック音楽家がライブ配信という媒体を活用し、音楽の灯火を絶やすまいと活動を続けている。

では果たしてその音楽は聴衆に対して豊かな音楽体験を提供できているのだろうか?例えば轟音鳴り響く電車や車の通勤の中で、BGMが流れているカフェの中で、鼓膜を圧迫するゴム性のイヤフォンで聴く音楽は"本当の"音楽なのだろうか。演奏者を目の前にして音の振動を体に受ける事と、鼓膜に音を押し付けられる事が同じ音楽体験になり得るだろうか。

2月21日(日)14時から、声楽アンサンブルユニット"TsuBaKuma"は配信ライブを行う。矛盾しているようだが、我々はこの配信ライブの中で少しでも"本当の"音楽体験を聴衆の皆さんにお届けしたいと願っている。いつか聴衆の方々に"本当の"を届けるために、我々はコロナウイルス感染症の中で終息を"待つ"のではなく、今"発信し続ける"事を選んだ。どうかこの公演が皆さんの心を豊かにし、コロナウイルスに奪われた音楽の喜びをもう一度得られますように。そして忘れられない思い出となり、いつの日かライブで顔を合わせて、"再会"を喜べる日が来ますように。

プロフイール
大阪府夕陽丘高校音楽科をヴァイオリン専攻生として卒業後、声楽に転向。その後、東京藝術大学卒業、同大学院音楽研究科独唱科修了。ソロ活動に加え、数多くのオペラに出演。4月よりびわ湖ホール声楽アンサンブル・ソロ登録メンバー。第18回滋賀県新人演奏会最優秀賞受賞。