縷々のつぶやき

昭和11年創業!岩喜蓄音機店の3代目店主。現在は、LURU MUSICとして、CDショップ、音楽ホール、音楽制作、音楽イベントなどの企画運営を通じて、地域から世界を楽しくすることを日々楽しんでいます。旧:演歌商店のつぶやき。

今年のMah!ライブラリー室内楽定期演奏会

本日付け。とらふすクラシック・89。
  今年のMah!ライブラリー室内楽定期演奏会

 和歌山市西高松の県立図書館2階メディア・アート・ホール(以下Mah!)で行なわれる、Mah!ライブラリー室内楽定期演奏会。日本でも珍しい図書館で行われる本格的なクラシック演奏会として、幅広い人気が定着、県外からの参加者もふえ、今年は5回のコンサートが行なわれました。

 3月のVol.22は、和歌山市で活躍する宮下直子さんの楽興の時クラシックコンサート2018(春)、ピアノリサイタル〜変奏曲へのお誘い〜。山名敏之さんとの連弾が印象的でした。5月のVol.23は、昨年に続き世界最高峰のオーケストラ、ウィーン・フィルの首席クラリネット奏者のダニエル・オッテンザマーさんと村田千佳(ピアノ)さん。熱演ぶりに、観客は魅了されました。6月のVol.24は、スタイナートジャパン・ツアー2018。スタイナートは、この秋、和歌山県文化表彰奨励賞を受賞された谷口賢記(チェロ)さんとマーカス・プラッチ(Vn)さんのユニット。毎年、全国ツアーで和歌山にやってきます。

 10月のVol.25は、ルートヴィヒ・チェンバー・プレイヤーズ・シュトゥットガルト。ドイツで出会った日本人若手アーティストと、名門シュトゥットガルト放送交響楽団の精鋭たちのアンサンブル。滅多に聴けない「シューベルトの八重奏曲」にうっとり。この日は、ブラスバンドで活動する学生さんの姿が目立ちました。11月のVol.26は、図書館の音楽監督を務める、東京藝術大学澤和樹学長率いる澤クヮルテット。結成以来28年間不動のメンバーという日本屈指の弦楽四重奏団。円熟の演奏は、室内楽の人気曲「皇帝」 「アメリカ」でした。

 2019年は、ヴァイオリンの堀米ゆず子さんや恒例のスタイナートジャパン・ツアーなどが予定されています。また、10月には、和歌山初めてのクラシック音楽祭「きのくに音楽祭」もMah!を中心に開催されます。益々楽しみな、Mah!県立図書館、来年も目が離せません。
 

クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

5名のソプラノと歌うピアニストのフィガロの結婚

本日付け。とらふすクラシック・88。
  5名のソプラノと歌うピアニストのフィガロの結婚
          ピアニスト 碇理早

 「オペラを分かりやすく身近なものに」から、もう一声!吉本新喜劇を観るように、オペラをわかり楽しんでもらうのが目標の碇です、皆さま初めまして。

 狐島FOXYテラスにあるLURUHALLに出会って、「もっとやれ」「どんどんやれ」と周囲が調子に乗せてくださり、いつも好きな事をさせいただいています。そうすると、どんどん三の線を突き進んで、もはや色物?気にせず信じる道を行きたいところです。勇気をもって!

 本来はどんなに難解なクラシックや現代音楽でも演奏する側にメッセージがあれば(あらゆる箇所で、その音である意味があれば)、感情は勿論、情景やら色、香りといったものも、聴き手に伝わり、聴き手がワケワカラナイと感じる時は、えてして演じ手自身もワケワカットラン事が多いと自戒の念も込め信じています。

 今回お届けするのはそんな難しいオペラでは無いのです。王道中の王道、モーツァルト作曲「フィガロの結婚」。超有名なこの作品は、ミスター・フィガロの結婚式の日に、アルマヴィーヴァ伯爵のお屋敷で、たった1日で起こるドタバタ劇です。本来3時間かかるこの作品を、今回はお話付きのハイライトでギュッと凝縮して物語を進行します。(時々プロジェクター!)

 24日のクリスマス・イヴ。LURUHALLの木が呼吸する上質の空間で、上質の代表スタンウエイ・ピアノと演者が、文字通り手を伸ばせば届く距離で賑やかに、てんやわんやします。5名のソプラノと歌うピアニストで一体何が生まれますやら・・・どうぞ騒ぎに巻き込まれてください。

 また、第2部ではヘンデルのオラトリオ・メサイアより「ハレルヤ」、そしてクリスマスソングも演奏します。ご来場の皆さまに一緒に歌っていただける曲も用意していますので楽しみにお越しいただければ幸いです!入場料は3000円、出演は桐生直美、成川奈緒、熊谷真寿美、佐藤好恵、松村敦代、碇理早。問合せ073-457-1022まで。

碇理早 美浜町在住。東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業後、イタリア国立ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院ディプロマ修了。同音楽院アカデミーコースに進む。帰国後、後進の指導をしながら、多様な音楽活動をしている。
 

クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

歌とピアノで綴るクリスマス

本日付け。とらふすクラシック・87。
  歌とピアノで綴るクリスマス
          和歌山ライブの歩き方 岩橋和廣

 いよいよクリスマスです。この23日(日)14時から、和歌山市本町2丁目のフォルテワジマ4階大ホールで、恒例の「“歌こそ命〜Songs” 歌とピアノで綴るクリスマス」が行われます。5人の歌姫が、世界の名器・ベーゼンドルファーのピアノ伴奏にのせて、ウインターソングを歌うのです。

始まりは、宝子さんの「ボッサ」なリズム。南米で生まれた夏のリズムは、今や年中親しまれています。透き通ったナチュラルボイスのボサノバの「ママがサンタにキスをした」で、今年は幕があきます。

続いて、12月にアルバム”ふるさと”癒やし歌”を2枚同時にだしたばかりの演歌歌手の宮本静さん。美空ひばりさんの「みだれ髪」など昭和の名曲を、ピアノアレンジで歌い上げます。「♪小雪まいちる紀ノ川に……」と、医聖・華岡青洲を歌う「我が名は青洲」も披露します。

ソプラノ歌手・矢倉愛さんは賛美歌に続き、プッチーニのオペラ「トスカ」より「歌に生き、愛に生き」などを歌います。この曲は、矢倉さんのファーストアルバム(11月30日発売)のタイトル曲で、数あるオペラのアリアの中でも一番の人気曲です。

シンガー・ソングライターの刀禰知美さんはソウルフルな歌声で、「ジングルベル」やジョン・レノンの「イマジン」などを熱唱します。母親になってからの、一味違うステージが楽しめます。

昨年から参加するのがシャンソン歌手の清水香予子さん。和歌山シャンソン友の会を率いて、わかやまパリ祭を20年に渡り続けてきた思いから、冬のパリの雰囲気をたっぷりに、語り、歌い、盛り上げてくれます。

ピアノ伴奏は木谷悦也さん。欧州で10年間の劇場付ピアニストを務めてきた洒脱なピアノは、5人の歌姫を楽しくサポート。この演奏会は、観覧無料ですが、終演後、投げ銭を集め、出演アーティストの皆さんの来年の活動資金の一助にするのが恒例となっています。楽しんだ分だけ、応援をよろしくお願いいたします。
 

クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

オペラ熱狂の日

本日付け。とらふすクラシック・86。
  オペラ熱狂の日
      The Opera WAKAYAMA 宮粼優也

活動10周年を記念してThe Opera WAKAYAMAが満を持して皆様に送るのが、この「オペラ熱狂の日和歌山県立図書館2Fメディア・アート・ホールにて、12月22日の土曜の夕方に“これでもか!”というくらいにオペラを楽しんでもらう企画です。矢倉愛、谷 浩一郎、桝 貴志、ノーマン・ブラウンなど、関西圏を始め、日本全国、また世界各地で演奏活動を行なっている歌手と演奏家が送る二部制のイベントです。

 第一部は「オペラ名曲ガラ・コンサート」今年の3月に産声を上げたThe OperaWAKAYAMA管弦楽アンサンブルの2回目の演奏会。前回のコンサートでは歌手が一人で歌う“アリア”を中心にしていましたが、今回は二重唱や三重唱など加わり、有名どころのアリアや重唱から、あまり知られていない名曲までたっぷりとお届けします。

 第二部では、アンサンブル・フェリーチェ&森下美和(ピアノ)の演奏で、プッチーニの代表作「ラ・ボエーム」を全幕、原語上演(日本語字幕付き)でお送りします。若者たちの活気溢れるエネルギーを見事に描いたオペラ。パリに住む若者が自分たちの夢、詩人、音楽家、画家、哲学者を追い求めて貧乏ながらも力強く生きている、そしてそこに生まれる恋。誰もが経験したことがある「若い頃のあのエネルギー」この感覚を胸の中から呼び起こしてくれる素晴らしいオペラです。

 ガラコンサートチケット1500円(当日2000円)、ボエーム公演チケットは、4000円(当日4500円)。特別共通券セットは4500円(前売りのみ)、2つのイベントが特別価格で見られることに加えて、終日同じ席を確保できる特典付きです。和歌山県民文化会館和歌山市民会館楽天チケット(“オペラ熱狂の日”で検索)でチケット取り扱い中。お問い合わせはtheoperawakayama@gmail.com または事務局長 野本(TEL 090-8205-2783)まで。

プロフィール 宮粼優也 The Opera WAKAYAMA 音楽ディレクター
東京都出身、高校卒業後単身渡米。2013年ノーステキサス大学音楽学部・指揮修士課程修了。同大学院博士課程に学費全額免除で在学中、オーケストラ科/オペラ科助手。国内外の数々の公演で指揮をする。
 

クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

ファーストアルバムに寄せて

本日付け。とらふすクラシック・85。
   ファーストアルバムに寄せて
            ソプラノ歌手 矢倉愛

 明日、ファーストアルバム「Vissi d'arte, Vissi d' amore 〜歌に生き、恋に生き〜 矢倉愛バイノーラルライブ」を発売させて頂く事になりました。 2018年8月4日にLURUHALLで行ったライブを収録したもので、 実際のライブでは全部で15曲を歌わせて頂きましたが、このCDには、その中でも選りすぐりの12曲を収めさせて頂きました。録音は人間の頭の形をしたバイノーラルマイクを使用しており、実際にホールで聴いたままの音をその時の臨場感そのままに再現されます。 私も初めて録音されたものを聴いた時は、耳元で歌われているのかと思って思わず振り返ってしまったほど、リアルなのです。
8月4日のライブは、ホール内の風の音すらシャットアウトする様な、それはもうちょっとした「無の世界」で行われ、その中でプッチーニヴェルディの代表的なオペラアリアを15曲も歌うという精神的にも体力的にも想像以上に大変なものでした。 まるでオペラ千本ノックといった感じです。 それは、最後まで素晴らしい演奏で私の歌声を支え続けてくれたピアニスト森下美和さんも同じだったと思います。
 こうして振り返っていると大変だった話ばかりになってしまいますが、自分の中でまた一つ大きな挑戦が出来たと思っていて、この機会を頂けた事に大変感謝しています。 この録音を機会に、自分の今の声と歌にじっくりと向き合う事が出来たのではと思います。 音楽はやはり生のパフォーマンスを聴いて貰ってナンボの世界かとは思いますが、会場を後にした時に「ああ、もう一度あの声が聴きたいなぁ」と思ってこのCDを手に取って頂き、そしてこのCDを聴いて、また矢倉愛に会いに会場へお越し頂けばこんなに嬉しい事はありません。 全身全霊で取り組んだライブ録音です。是非一度お聴きください。リアルに楽しんで頂く為にヘッドフォンお忘れなく♪2,018年11月30日発売、CD3000円、ハイレゾDL5000円。

矢倉愛 ソプラノ 和歌山市在住、大阪音楽大学短期大学部音楽学科声楽専攻卒業。オペラやクラシック音楽を、より身近に提供するプロジェクト「THE OPERA WAKAYAMA」主宰。


 

クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ

演奏家 ふるさとに活力〜わかふるコンサート

今朝の朝日新聞和歌山版の【ときめく★楽音生活】
演奏家 ふるさとに活力〜わかふるコンサート

県新人演奏会に出演した音楽家を中心に行われるアコースティックな演奏会「わかふるコンサート」。2008(平成20)年から始まり、故郷・和歌山ゆかりの演奏家たちの発表の場として、また演奏会場ではない会場でのコンサートとして、音楽の普及と地域の活性化にしっかりと役割を果たしています。

 今年は和歌山市紀伊風土記の丘や九度山町の紙遊苑などで回を重ね、田辺市の紀南病院が最終となります。地域の中核医療機関のエントランスホールで開かれるため、患者さんはもちろん多くの皆さんが参加できる最大規模の「わかふるコンサート」となります。

 今回の出演は4組です。まず演歌歌手の宮本静さんが、クラシックのピアノの碇(いかり)理早(りさ)さん、バイオリンの小谷信子さんと一緒に、「田辺コーライお笠祭り」などのご当地ソング“ふるさと癒やし歌”を歌いあげます。

 2組目は、3人組の女声アンサンブル・クリアさん。「里の秋」「赤とんぼ」の童謡と共に、「ホワイトクリスマス」の美しいハーモニーを響かせます。

 3組目は、3人組のピアノデュオパフォーマンスグループ・infiniさん。3人で異なるペアを組み合わせながら、「糸」「HANABI」など、J―POPのヒット曲を楽しく聞かせてくれます。

 最後は、16年度の和歌山市文化功労賞を受賞された杵屋栄七珠(きねやえなじゅ)さん率いる長唄三味線・杵屋栄七珠の会の皆さん。「越後獅子」に「童謡メドレー」と伝統音楽を身近に感じさせてくれます。

 このバラエティーに富んだコンサートは、12月1日(土)午後2時半から、紀南病院(田辺市新庄町)で。観覧は無料で申し込みも不要です。
                  *写真は昨年の模様


クリック→にほんブログ村 音楽ブログへ